大変不便な日本の縦割り医療社会

よく言われる事ですが、日本の医療社会は、縦割りです。 内科なら内科の上の教授から始まって、下まで関係が強いのです。 しかし、逆に、他の科に対しての連携がないのが実情です。 街の個人医で、色々な症状を一人で診て、治療する有能な医師がいて、診てもらえるのはとても良い事ですが、時として、内科でも、消化器しか診れない、という個人医師もいます。

そんな所へ、気管支炎で行っても、 「あなた本当に風邪?」 と問われる事もあります。 大病院でも、様々な専門分野に別れている為に、自分の分野には精通していても、他の科の病気は全くわからない、という医師もいます。

そして、派閥も、科ごとに、縦で強いので、難しい病気にかかった時は、上部の技術が高い病院とつながりがある医師に診てもらわなくては、紹介してもらえない。 そんな不便さがあります。

入院中に、他の科の病気が見つかった場合、病院の権力内容によっては、科をまたがっての治療が思うように受けられない場合もあるのです。

アメリカなどは、権力争いは、そんなに無い様に思えます。 中国などでは、病院に漢方と西洋医学が混在していて、患者の容体によって、より良い治療法を受けられるそうです。 日本では、権力社会の悪い部分が医療界に反映してしまっているのでしょうか。 患者あってこその医療です。

おかしな権力争いなど即刻廃止し、患者がよりよい治療を自由に受けられる医療社会を実現してほしいと思います。 今のままでは、風邪ひとつで個人医にかかる時も、どこの大学病院出身の医師か、調べないといけないので、大変不便なのです。